羽毛布団をクリーニングする必要性

毎日使う寝具は、表面上に目立った汚れがなくても、内部の羽毛は汗や人の垢などを少しずつ吸着して汚れていきます。

そのため、しばらくクリーニングしていない羽毛布団は、日干しなどでケアを行っていても溜まった汚れが使い心地に影響していくのは避けられません。

羽毛を素材とする布団は、湿気を吸って放出する機能に優れているため、特別なケアを行わなくても、ある程度の期間は快適さを保ってくれます。

この羽毛布団のクリーニング情報を選ぶ時のポイントを紹介いたします。

掛け布団カバーを使い、毎月布団干しを行っていれば大きな汚れを実感することは少ないでしょう。

しかし、干してもふくらみが不足したり布団の保温性が低下する、嫌な臭いがしたり汚れが目立ってきた場合、羽毛布団をクリーニングする時期にきています。

羽毛布団の種類によっては、家庭でクリーニングすることも可能ですが、専門店に依頼する必要があるタイプも少なくありません。

専門店は、専用の機器や洗濯に適した水を使い、羽毛布団をまるごと水洗いするクリーニングが可能です。

寝具の汚れはほとんどが汗や皮脂、垢やホコリなどの水溶性の汚れが占めるため、水洗いで汚れをスッキリ落とすことができます。



実際に羽毛布団をクリーニングに出す場合、お店選びが重要です。



個別で水洗いができるかどうかや、専用の洗剤を使っているかなどは、お店によって異なります。

洗って手元に戻るまで、おおよそ1週間か2週間かかるのが一般的ですが、季節やお店によっては長くかかることもあるので、余裕をもって依頼しましょう。

top