羽毛布団をクリーニング出すメリットと必要性

羽毛布団のクリーニングは、比較的に綿などで出来た布団と比べるとその頻度は少なく済む点で、数年に一度のペースの割合で行う方が良いとすることが多いです。

こだわりの高い羽毛布団のクリーニングの為になる情報です。

軽やかな水鳥の羽を掛け布団の中に入れているため、夏は涼しく冬は暖かいメリットが存在する布団となり、高級布団の代名詞として人気があります。


メンテナンスの仕方は通気性の良い陰干しを徹底すると人体から吸収した汗を羽毛が外気に放出するため、カバーを取り換えるだけで済むため、羽毛布団のクリーニングに出す割合は少なく済む特徴があります。
一方では羽毛に対する汚れとしては、汗に含まれる皮脂・埃・汗の塩分などが存在し、それは長い年月をかけて蓄積される性質があります。



実際に汚れが蓄積された場合、吸湿性や保温性などを著しく失うため、掛け布団の本来の良さを体感しにくくなります。


こうした汚れの特徴は陰干しではどうしても汚れを落とせない点があります。


つまり汚れを落とせない状態となるため、汚れが蓄積されてしまうこととなり、羽毛布団のクリーニングを行うことで、そういった皮脂や塩分、埃や塵などの汚れを落とすことができます。



実際に羽毛布団をクリーニングに出した後は、掛けた時にふわっとした柔らかさが蘇ることも多く、掛けた時の軽やかさに違いが見られます。


ただ羽毛布団のクリーニングは、薬品や摩擦などで傷みやすい傾向もあるため、頻繁に行うことは慎んだ方が良く、一気に汚れは蓄積されないため、数年に一度の割合がベストとなります。

いまどきの布団クリーニング

羽毛布団をクリーニングに出すメリットとしては、羽毛布団の持つ機能の低下を解消することが挙げられます。羽毛布団は吸湿性、放湿性の両方に優れているので、意外にもそれほど手間をかけなくても、快適さを保つことができます。...

more

布団クリーニングのコツ

毎日使う寝具は、表面上に目立った汚れがなくても、内部の羽毛は汗や人の垢などを少しずつ吸着して汚れていきます。そのため、しばらくクリーニングしていない羽毛布団は、日干しなどでケアを行っていても溜まった汚れが使い心地に影響していくのは避けられません。...

more

布団クリーニングの特徴

一度羽毛布団を使うと、冬はとても暖かく夏も軽くて、羽毛以外の布団にはなかなか戻れなくなります。普通の羊毛布団だと真冬などは毛布も着ないととても寒くて寝られないのですが、羽毛布団はそれさえあれば毛布が不要なのです。...

more

布団クリーニングの基本知識

毎日使うお布団、年月が経つと綿がへたってぺっちゃんこになってきます。新しいものを買うとなると、今使っているものは粗大ごみに出さなければなりませんが、実はこれがゴミ問題の中で非常に注目されているのです。...

more
top