羽毛布団をクリーニング出すメリットとタイミングとは

羽毛布団をクリーニングに出すメリットとしては、羽毛布団の持つ機能の低下を解消することが挙げられます。

羽毛布団は吸湿性、放湿性の両方に優れているので、意外にもそれほど手間をかけなくても、快適さを保つことができます。

使うときにはカバーをかけて、こまめにカバーを洗濯したり、定期的に干していれば、たとえ数年間、使用したとしても、布団自体が大きく汚れることはないでしょう。
しかし外見が汚れていないからといって、中身も汚れていないわけではありません。

羽毛布団のクリーニング情報を利用しましょう。

確かに高い放湿性と定期的に干すことで、汗などの水分は蒸発するでしょう。



しかし寝ている間に布団に染み込んだ皮脂や、汗から出た塩分、ほこりやちりなどは発散させることはできません。
これらは時間をかけて、ゆっくりと布団の中へ浸透していき、保温の機能を保つ羽毛に少しずつからみついていきます。羽毛が汚れでコーティングされてしまうと、だんだんと膨らみは失われていきます。これによってへたりが起こり、さらには保温性の低下の原因となるでしょう。


このように本来の機能が低下してしまうことを防ぐためにも、適度なクリーニングが必要となります。



手持ちの羽毛布団が干してもふくらみが回復しなくなってきた時や、布団が冷たく感じる、においが気になるなどの症状があれば、クリーニングのタイミングと判断すると良いでしょう。


一般的な羽毛布団のクリーニングの目安としては、3年から5年に一回程度が最適だと言われています。


top